トップページ > 学びの特色

実践的な実習<学びの特色>|大阪歯科大学歯科技工士専門学校

知識・技術はもちろん人間形成にも力を注ぎ、真のプロフェッショナルを育てます

大学・附属病院との連携により、
高度な指導と実践的な実習体制を実現


西日本初の歯科医師養成機関として創立され、以来1世紀に渡り優秀な歯科医師を輩出してきた大阪歯科大学。その附属校である当校では、大阪歯科大学の教授陣による講議や指導、大学附属病院での見学実習・臨床実習をカリキュラムに積極的に組み込むことで、高度かつ実践的なスキルが修得できる教育体制を構築しています。大学のハイレベルな指導と先進設備を使った実習や症例経験により、あなたを真のスペシャリストへ育てます。

緊密に連携

▲ ページトップ

チーム医療を考えたカリキュラム


現在の歯科医療は、歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士のチームプレーによって成り立っています。それぞれが大切な役割を果たし、欠かすことのできない存在なのです。本校では、豊富な臨床実習によって、歯科技工士としての技術だけではなく、歯科医師のよきパートナーとなるための能力もしっか身に付くよう、指導してゆきます。

歯科医師 歯科衛生士 患者さん 歯科技工士

▲ ページトップ

医療人としての人間形成


医療とは「傷病によって健康が阻害され、時に生命をも脅かす根源的な苦痛や不安を有する病者に対して、それらを癒し、救済するための知識・技術・経験を有する者が、ただ病者の健康の回復を願い、生命を尊重することを第一義として行う人間的行動」です。したがって歯科医療人においても人間的な思いやりと優しさ、謙虚な姿勢で専門職としての責務を努めなければなりません。歯科技工士の扱う模型の向こうには常に患者さんの顔があり、心があることをひと時も忘れてはならないのです。本校では、口腔内に装着される補てつ物の製作者に必要な、医療人の心も、しっかりと育みます。

▲ ページトップ