トップページ > 学校長からのメッセージ

学校長からのメッセージ|大阪歯科大学歯科技工士専門学校

一度しかない君の人生 歯科技工士としての君の挑戦を待っている

   歯を失った患者さんには,入れ歯や被せが治療として必要になり,そのことを専門用語として補綴装置と呼びます.補綴装置は,患者さんの生体の一部となるいわゆる人工臓器となります.その製作には,科学的な知識に裏付けされた精密な技術が必要になり,まず,学んで頂くことになります.とくに補綴装置が正確に機能するためには,全身の機能を理解し,補綴装置についての各種性質を理解して頂きます. つぎに,手を動かしてください.その技量が患者さんの口腔機能を回復する是非の大きなウエートを占めていると言っても過言ではありません.私達は,知識と技術を養う教育の場のサポーターとして支えて行くことになります.
  補綴装置の製作には従来の匠の技を持ちつつ,コンピュターによるデジタル歯科技工へと移行しつつあります.これからの歯科技工士は,時代の流れでもあるデジタルテクノロジーの知識もしっかりと勉強し,デジタルラボのテクニシャンとしても是非とも目指して頂きたいと思います.
 今,日本は世界に類を見ない超高齢社会となっています.よく磨き,よく食べるということは,高齢者のQOLを向上させる方法の重要な事項であり,歯科技工士のこれからの仕事は,高齢社会の歯科治療を技術で支える「歯を作る仕事」となります.歯科技工士を目指す皆様がそのことを十二分ご理解いただいた上で,このことを念頭において頂きたいと思います.
 授業における姿勢は,受け身では無く,積極的な姿勢,あくまでアクティブであり,授業は与えられる者でなく,学生が作り上げるということが本専門学校の授業の特色です.

学校長 小正 裕

▲ ページトップ