トップページ > 歯科技工士とは

歯科技工士とは|大阪歯科大学歯科技工士専門学校

社会に貢献している職業です

よほど歯が丈夫な人でない限り、ほとんどの人は歯医者さんで治療をしてもらった経験があると思います。私たちの生活と歯科医療はとても身近な関係なのです。現在の歯科医療は、歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士のチームプレーによって成り立っています。それぞれが大切な役割を果たし、欠かすことのできない存在なのです。健康で生き甲斐のある人生を過ごすには歯科医療の充実なくしては考えられません。歯科技工士はこれからの歯科医療を支えるうえで極めて重要な職業です。

歯科技工士は国家資格です


歯科技工士は、歯科医師と同じく国家試験に合格しなければなれません。実は歯の治療は、歯科医師だけでは成り立ちません。差し歯や入れ歯を作る場合、専門技術職が必要になってきます。その技術を持っている人が歯科技工士です。歯科技工士は、患者さん一人一人にぴったり合う人工の歯を作り出さなければならないとても重要で誇りの持てる職業です。つまり歯科技工士の腕が良いと、歯科医師は非常に楽に仕事がこなせる訳です。いわゆる「手に職」というかたちで身につけた技術は年齢、性別を問わず一生できる仕事なのです。

▲ ページトップ

健康を支える医療の仕事です


健康を維持するためには「歯」はとても大切です。虫歯があると体の調子が悪くなったり、精神的な苦痛があったりして生活に支障をきたします。また近年の健康意識の高まりや、高齢化社会に向けて、患者さんはますます増えています。最近では白く美しい歯が生活を明るくさせるという考え方も広がり、健康を願う人々にとって、歯科技工士は、これからもっと必要になってくる職業と言えるでしょう。

▲ ページトップ

達成感が味わえる仕事です


歯科技工士の仕事は、患者さんのために人工の歯を作ることです。心を込めて丁寧に作り上げたものが役に立ち、喜んでもらえるのは、何とも言えない充実感、達成感が味わえます。それが歯科技工士の素晴らしい魅力でもあるのです。

▲ ページトップ

独立開業ができる仕事です


歯科技工士として腕を磨けば、歯科医師との信頼関係も深まり、仕事の依頼が増えてきます。独立すれば自分のペースで仕事ができ、仕事の量によっては高収入を得られるのでとてもやりがいがあります。

▲ ページトップ

海外進出もできる仕事です


日本の歯科技工教育は、世界でもトップクラスです。歯科診療所は世界中どこにでもあり、当然歯科技工士も世界中で必要とされています。日本の歯科技工士は世界中どこに行っても通用する技術を身につけているので、現在海外で活躍している人達が大勢います。

▲ ページトップ