トップページ > DENTALなお話

DENTALなお話|大阪歯科大学歯科技工士専門学校

こんなお話知ってます?

江戸時代の入れ歯


  • 江戸時代の中ごろには入れ歯はもう普及していたといわれています。
    入れ歯を作る職人は「入れ歯師」と呼ばれていました。
    手先の器用な日本の入れ歯師は当時の技術としては、かなり高度なものを作っていたらしく、とても高価で身分の高い人しか入れ歯を使うことができなかったそうです。
  • 総入れ歯を入れていたことで知られる江戸の文化人、本居宣長は彼の著書「紀州日記」のなかで、「昨日津の入れ歯師参り、入れ歯いたし申候。殊の外よろしき細工なるものにして、・・・口中心持わろくもなき物に御座候。」と記しています。
    彼はとても満足のいく入れ歯を作ってもらったようです。

▲ ページトップ

“目には目を歯には歯を”


  • “目には目を、歯には歯を” あまりにも有名なこの言葉は、紀元前18世紀のバビロン王ハンムラビが制定した「ハンムラビの法典」の中の「同害復讐法」(第196条以下)に出てきます。歯に関する条文(第200条)には「もしある市民が、彼に対等の市民の歯を打ち折るならば、彼の歯を打ち折らなければならない」とあります。
  • これは「やられたらやりかえす」というような、いわば復讐を奨励するかのような響きがあり、実際、そのような意味合いでこの言葉を使われたりしていますが、本当は恨みのあまり、相手を過度に傷つけたり殺したりしないで、同等の傷をつけるということでそれ以上の報復をしてはならないという事なのだそうです。

▲ ページトップ

虫歯を激減させたフィンランド


  • 最近ではすっかり有名になった「キシリトール」ですが、キシリトールのおもな原産国はフィンランドで、今や予防歯科の先進国です。しかし、かつては世界有数の虫歯大国だったことはあまり知られていません。 日本と比べると、一人当たりの年間砂糖消費量は、日本は20kg弱で、フィンランドでは40kgです。
  • そこで1972年、フィンランドでは虫歯治療にかかる膨大な医療費をなんとかしようと、国をあげて虫歯予防に取り組みました。
  • 口腔衛生指導や食事指導、フッ素塗布、キシリトールガムの導入などを実施した結果、なんと1997年には3歳児のDMF指数0.2、6歳で0.2、12歳で1.1と劇的に減少し、虫歯予防における取り組みは大成功を納めました。 このような結果を踏まえ、現在、虫歯予防において世界は多くのことをフィンランドから学ばなければなりません。
  • ※キシリトールとは、白樺や樫などの木から作られる天然の甘味料のこと。キシリトールは砂糖のように虫歯菌(ミュータンス菌)に分解されず、虫歯にならず、さらに虫歯菌の増殖を抑えることができる。また、唾液の働きをよくするため、歯の再石灰化を促進する働きもあると言われている。

▲ ページトップ

抜けた歯はどうしたらいい?


  • 子供の抜けた歯、みなさんはどうしていますか?丈夫できれいな歯が生えてくるように願いを込める気持ちは世界中同じようですが、その方法はさまざまです。

    日本では「ねずみのように強い歯になーれ」とおまじないを唱えながら、上の歯が抜けたときは縁の下に投げ、下の歯が抜けたときは屋根に放り投げるという風習があります。
    同じような風習は、中国、韓国、シンガポールなどにも見られ、アジア地域で共通しているようです。
  • アメリカ・カナダ・イギリスでは、夜寝る時に枕の下に抜けた歯を入れておきます。そうすると、眠っている間に歯の妖精がやってきて、抜けた歯を持っていき、その代わりにコインを置いていってくれるそうです。
  • メキシコ・フランス・スペインでは、 枕に下に入れた歯は、ちびネズミが持っていって、代わりにプレゼントを置いていってくれるそうです。
  • チリ・コスタリカでは、抜けた歯をイヤリングにして、自分で身につけておくそうです。
    またイタリアなどでは、素敵な箱に抜けた歯を入れて保存しておくんだそうです。

▲ ページトップ

歯が登場する言葉


奥歯にものがはさまる 思うことをはっきり言わないさま。しっくりとせず打ち解けない。
ごまめの歯ぎしり 力量がない者がむやみに悔しがること。
歯牙(しが)にかけない 相手としてまるで問題にしないこと。
歯に衣(きぬ)を着せない 飾らずにありのままを言う。
歯が立たない 力が違い過ぎて、とてもかなわないこと。
歯の根が合わない 寒さや恐ろしさのために、がたがた震えるさま。
歯が浮く 軽薄な行動を見聞きして不快を感じる。
歯の抜けたよう まばらで不揃いなさま。うつろなさま。
歯を食いしばる 無念さ、怒り、苦痛などをこらえるさま。
唇歯輔車(しんしほしゃ) 相互の利害関係が極めて密接で、一方が滅びると他もたちゆかないこと。
切歯拒腕(せっしやくわん) (歯ぎしりをし、腕を握りしめて)ひどく悔しがる様子。
明眸皓歯(めいぼうこうし) 美しい目と白い歯。美人の形容。

▲ ページトップ